諸外国の食品放射能輸入規制や輸出規制でお困りなら、八進トレードにご相談ください。

アメリカについて


アメリカで施行されている、放射能関連の食品輸入規制と輸出規制について

アメリカ合衆国、通称「アメリカ」は、50の州及び連邦区から成る連邦共和国である。 アメリカ本土の48州及びワシントンD.C.は、カナダ及びメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。 985万km2の総面積は世界第3位又は第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。

米国は先進国かつ世界最大の国民経済を有し、同国経済は豊富な天然資源及び高い労働者の生産性により支えられている。 同国経済は脱工業化社会だと考えられる一方、世界最大の製造国のうちの1つであり続けている。 同国は世界の軍事支出の37%を占め、世界最高位の経済及び軍事大国であり、優れた政治的及び文化的勢力であり、科学研究及び技術革新におけるリーダー的存在といえる。【Wikipedia より】

国際面で見るアメリカ


農産物を主とし、アメリカでは日本産の食品に対して輸入規制が行われています。

■面積:371.8万平方マイル
■人口:3億875万人(2010年4月 米国国勢局)

■主要産業:工業、農林業、金融・保険・不動産業、サービス業
■名目GDP:17兆4,189億ドル(2014年)

■貿易総額:37,463億ドル(2015年、財貨のみ)
輸出:15,046億ドル
輸入額:輸入:22,417億ドル(収支:-7,371)

■主要貿易相手先(2015年)
(1)輸出:カナダ、メキシコ、中国、日本、ドイツ
(2)輸入:中国、カナダ、メキシコ、日本、ドイツ

■主要貿易品目(2015年)
(1)輸出:航空機、燃料油、石油製品、自動車、同部品、医薬品
(2)輸入:原油、自動車、同部品、医薬品、時計等、コンピューター

■通貨:米ドル
■言語:主として英語(法律上の定めはない)

日米関係


日本産の食品をアメリカに輸出する方法。

■対アメリカ貿易(2015年財貨のみ)
輸出:1,311億ドル 輸入:625億ドル

■主要取引品目
輸出:自動車、自動車部品、原動機、電算機類の部品
輸入:航空機類、穀物類、科学光学機器、医薬品

■在留邦人数:414,247 人[2014年10月現在、50州]

アメリカの放射能輸入規制について


放射能問題に関連したアメリカの輸入規制と輸出規制に関して。

「米国(アメリカ)による日本産食品の輸入規制について」

米国政府は、日本で出荷制限措置がとられた品目について、青森、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、新潟、山梨、長野、静岡の十四県で、 県単位で輸入停止措置が講じられています。

また岩手、宮城、福島、栃木、群馬の五県に関しては、輸入停止品目を除いた「牛乳」、「乳製品」に関しては米国の食品安全基準に違反していないことの証明が求められています。 その他にも、上記五県以外の全ての食品、飼料(輸入停止品目を除く)については、米国にてサンプル検査が実施されています。

アメリカの規制に対して弊社が出来ること


弊社の報告書を用いて、規制されているアメリカへ食品を輸出することが可能です。

■米国の食品安全基準に違反していないことの証明

弊社はISO/IEC17025:2005【*ISO/IEC 17025(2005)認定(PJLA認定#75055) 】の認定を受けた機関であり、放射能測定を国際標準に基づき適切に行うことが可能です。 よって米国の要求に対し、弊社の報告書を用いてその基準を満たしているか否かが判定できます。

のみならず、WTO加盟国のアメリカへとWTO-TBT協定に基づいて弊社の報告書を添付することで、 規制されている五県以外の全食品に課せられているサンプル検査をアメリカで行う必要がなくなり、時間や手間を省くことが可能です。

輸出に関する疑問事項などが御座いましたら、下記お問合せよりお気軽にご連絡ください。

アメリカの輸入規制や輸出規制でお困りでしたら、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。